大河ドラマ「麒麟がくる」ゆかりの地へ

  • 文字サイズ・大
兵庫県篠山市の撮影場所ロケ地情報 兵庫県篠山市ゆるキャラまるいの
兵庫県篠山市の撮影場所ロケ地:高城山_兵庫県篠山市八上

高城山(八上城跡)

丹波篠山市八上

標高462mの高城山は「丹波富士」とも呼ばれ、国指定史跡の八上城跡があります。登山道も整備されており、歴史を偲びながら日帰りハイキングも楽しめます。

 

兵庫県篠山市の撮影場所ロケ地:高城山_兵庫県篠山市八上

藤坂の大カツラ

丹波篠山市藤坂

カツラとしては日本最大級で、県下で最も太い巨木でもあります。
毎年5月に、この木の枝を使って豊作祈願の御田植祭があります。
樹高28m、幹周り5.4m、推定樹齢500年。県指定郷土記念物、県指定天然記念物。

 

兵庫県篠山市の撮影場所ロケ地:高城山_兵庫県篠山市八上

高城山(野々垣登山口)

丹波篠山市野々垣

一の谷口、野々垣集落より一の谷、三滝、蔵屋敷、朝路池を経て本丸へと続く登山道です。

兵庫県篠山市の撮影場所ロケ地:篠山城跡大書院_兵庫県篠山市北新町

篠山城跡大書院

丹波篠山市北新町

慶長14年(1609)、徳川家康が大坂城攻略の拠点として「笹山」という小高い丘に築かせた城が篠山城です。昭和19年(1944)の火災で焼失するまでの335年間、篠山城二の丸にあった大書院を約半世紀ぶりに復元しています。古式の建築様式や荘厳な装飾も全て往時の雰囲気が再現されています。

 

兵庫県篠山市の撮影場所ロケ地:籾井城_兵庫県篠山市本明谷

籾井城

丹波篠山市本明谷

福住集落の北方、城山・白尾山(390m)山頂に籾井城跡があります。天正5年(1577)「丹波の青鬼」と恐れられた城主籾井越中守教業(のりなり)のとき、明智軍の丹波攻めにより激戦の上落城しました。

 

兵庫県篠山市の撮影場所ロケ地:荒木城_兵庫県篠山市細工所

荒木城

丹波篠山市細工所

細工所交差点の東南目前の山上(404メートル)に「荒木城跡」があり、細工所城・井串城とも呼ばれています。天文年間末(1550ごろ)に荒木山城守氏香が築いた壮大な山城です。

 

兵庫県篠山市の撮影場所ロケ地:篠山市後川原の神社 等_兵庫県篠山市後川原

後川原の神社

丹波篠山市後川原

田園地帯の昔の風景を残している地域です。丸太を組んだだけの質素な鳥居のある小さな神社もあります。

兵庫県篠山市の撮影場所ロケ地:筱見四十八滝_篠山市上筱見

筱見四十八滝

丹波篠山市上筱見

兵庫県森林浴場50選に入っており、8つの自然の滝があります。始終8つの滝が流れているところから四十八滝となったといわれています。一番下は、紅葉が美しく、身を清める「手洗の滝」。次は側に弁財天を祀る「弁天の滝・椿滝」。その上に、3面が巨岩絶壁の「肩の滝」。迂回して登ると、長さ約33メートルの「長滝」があります。さらには篠山藩主が名付けた「しゃれ滝」や「仙人滝」。壮大な「大滝」「二の滝」「一の滝」へと続きます。変化に富んだ滝の景観と四季折々に彩る自然を求めて多くの人が訪れます。

 

明智光秀ゆかりの地へ

↑Topへ