大河ドラマ「麒麟がくる」ゆかりの地へ

  • 文字サイズ・大

協議会とは?
 

大河ドラマ「麒麟がくる」推進協議会ロゴマーク
『ロゴマーク使用規程』shiyoukitei.pdf

大河ドラマ「麒麟がくる」推進協議会ロゴマーク


大河ドラマ「麒麟がくる」推進協議会
京丹後市・宮津市・若狭町・舞鶴市・福知山市・綾部市・丹波市・篠山市・亀岡市・長岡京市・大山崎町

大河ドラマ推進協議会地図エリアマップ

役員名簿

顧 問 京都府知事 西 脇 隆 俊
会 長 福知山市長 大 橋 一 夫
副会長 亀岡市長 桂 川 孝 裕
副会長 舞鶴市長 多々見 良 三
監 事 宮津市長 城 﨑 雅 文
アドバイザー 京都府参与 山 本 壮 太
映像作家 村 上 佑 二

 
オブザーバー

京都市、熊本県、熊本市、山鹿市、中津市、兵庫県丹波県民局

 
事務局へのアクセス

大河ドラマ「麒麟がくる」推進協議会
〒620-8501 京都府福知山市字内記13-1
福知山市役所 産業政策部産業観光課
TEL :0773-24-7076
開庁時間:午前8時30分~午後5時15分
閉庁日:土・日・祝日・年末年始
 

大河ドラマ「麒麟がくる」放送決定にあたり
「NHK大河ドラマ誘致推進協議会」は、平成23年4月27日に設立。
明智光秀、細川ガラシャ、細川幽斎、細川忠興ゆかりの地域の自然や歴史文化を全国に発信し、ゆかりの地域の観光振興と地域経済の活性化に寄与することを目的に大河ドラマ誘致活動を行ってきました。

その後、平成30年5月25日、大河ドラマ「麒麟がくる」の放送決定にあたり、「NHK大河ドラマ誘致推進協議会」から「大河ドラマ「麒麟がくる」推進協議会」に名称を変更いたしました。そして大河ドラマの放送を契機として、全国の方々に明智光秀、細川幽斎、細川忠輿、細川ガラシャの魅力を 知っていただき、ゆかりの地の観光振興と地域の活性化に寄与するために、新たなスタートを切りました。
物語の中心である光秀とともに激動の戦国時代を生きた幽斎、忠興、ガラシャは丹波、丹後などに多くの史跡や逸話、歴史的なエピソードを残しています。4人が紡いだ、親子や夫婦の絆と生きざまの物語は、現代、そして未来にも通じるものです。そこには家族の絆はもとより文化を通じて社会との関わりや人間性の形成など、 必ずや多くの方々に共感と感動を与えてくれるものと確信しております。
ぜひこの機会に、ゆかりの地を巡っていただき、彼らが残した功績、歴史のロマンを感じていただけますと幸いです。
 

大河ドラマ「麒麟がくる」推進協議会顧問

京都府知事 西脇 隆俊

大河ドラマ「麒麟がくる」推進協議会会長

福知山市長 大橋 一夫

明智光秀ゆかりの地へ

↑Topへ